毒草一覧次の花
テイカカズラ


春に白く強い香りの花を咲かせるツル性の常緑樹です。万葉の昔から馴染みの深い植物で、盆栽や庭木などにも好んで使われています。花はキョウチクトウに似ますが、巻き方向が反対になっています。


毒草名  テイカカズラ(定家葛) 、マサキノカズラ(柾の葛)、チョウジカズラ(丁字葛)、石蔦(いはつな)、つぬ、ツルクチナシ(蔓梔)
学 名  Trachelospermum asiaticum Nakai var. intermedium Nakai
仲 間  ハツユキカズラ、フイリテイカカズラ、タイワンテイカカズラ、ケテイカカズラ、リュウキュウテイカカズラ、トウテイカカズラ
特 性  キョウチクトウ科 テイカカズラ属、絡まるつる性常緑低木
花 期  5〜6月
仲 間  リュウキュウテイカカズラ、トウテイカカズラ
毒部位  茎、葉、汁液
成 分  トラチェロシド、トラヘロサイド(Trahelosaide)
症 状  皮膚炎、呼吸麻痺、心臓麻痺




藤原定家の墓に生えついたことからこの名がつきました。花香がよいので花茶に利用したいところですが、夾竹桃の仲間ですから結構な毒性を持ってます。


 

『玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする』式子内親王

平安の歌人、藤原定家が想いを寄せたのは白河帝の第三皇女で女流歌人の式子内親王。しかし、身分の違いからその想いを遂げられぬままこの世を去った定家でしたが、その後、彼の墓から見たことも無い不思議な草が生え、細い蔓を長く伸ばし近くにある墓に達すると、みるみる細い葉を茂らせ、まるでその墓を抱きしめるように覆いつくしてしまったのでした。その墓の主は式子内親王。死して後、定家の想いはかなられたのでございましょうか・・・

「定家葛の墓」は式子内親王の塚とともに、京都「般舟院」に祭られています。





蕾です。こんなのがたくさんできたのですが、咲く前にみんなポロポロ落ちてしまいました。


 

天宇受賣命、天の香山の日影を手次に繁けて、
天の真折を鬘として、天の香山の小竹葉を手草に結ひて、
天の岩屋戸に槽伏せて踏み轟こし、神懸りして、
胸乳をかき出で裳緒を陰に押し垂れき。
ここに高天の原動みて、八十萬の神共に笑ひき。



古事記の中でも有名な「天の岩戸」のシーンで天宇受賣命(あめのうずめのみこと)が身につける「天の真折(あまのまさき)」がテイカカズラだと伝えられています。


 

花の後です。実(サヤ豆)は細長く20cm以上にもなり、この後縦に裂けて綿毛を飛ばします。




切り口からば真っ白い樹液がにじみ出ます。



石蔦の また復ち返り あをによし 寧楽の都を 見むよしもがも
万葉集6-1046


-------- 黄金テイカカズラ --------



「黄金で心を捨てないで 本当の花を咲かせてね」♪ネーネーズ



≪MEMO≫
・古事記の部分はキワドイ表現ですね。


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS